Eアンブレラジャパンで働く従業員のブログ。

Eアンブレラジャパンで働く従業員のブログ。

E男の育休ブログ (育休8カ月目)

 

先月ふたりともつかまり立ちを始めたと

ブログに書きましたが、

今月はつたい歩きを始めました!

 

おじいちゃん()が押し車を買ってくれて

双子は楽しそうにトコトコ歩いています。

近頃は押し車じゃなくても

家にあるスーパーのかごや

自分たちの座るイスに捕まって

引きずりながら歩いています。

かまりながらでもよちよち歩く姿を見ると

どんどん乳児から幼児へ成長しているんだと

感じるとともに、あと2ヶ月で

1歳を迎えるということへの実感が湧きます。

 

双子の成長という面で言えば、

最近は食べ物への執着が出てきました。

大人がおやつや果物を間食していると

食べている人のところへ行き

せがむようになりました。

赤ちゃんにあげても問題ないものなら

あげるのですが、お菓子となるとそうはいかないので

双子に見つからないように食べなければいけません。笑

これも、だんだんと物事が分かってきたんだなと

感動します。

 

近頃はコロナウイルス感染防止のため

外出自粛をしており家にこもりっぱなしでしたが

数日前は久しぶりに大きな公園へ行きました。

双子はまだ自分たちでは遊べませんが

芝生の上をハイハイして

ボールを叩いたり押したりしていました。

その日は帰るとすぐに寝たので

いい気分転換になったかなと思います。

 

コロナウイルス感染拡大が続くなか、

悲しいニュースばかりで

気分が落ち込むことはありますが、

1日も早い終息を願って

ステイホーム!がんばります!

男の育休ブログ-Eアンブレラジャパン(7カ月目)

ついにつかまり立ちが始まりました!

3月に入り妹が先に少しの時間だけですが

誰に習ったわけでもないのに机を使って立ち上がりました!

夫婦共に突然のことだったのでとても驚き

喜んだ事を覚えています。

そこからはとても早く日が経つごとに

かまり立ちできる高さはどんどんあがっていきました。

最初は座った状態の目の高さ位から

座った状態のバンザイした時に届く高さ、

最終的に立った状態の目線の高さまでつかまって立てるようになりました。

立っていられる時間もどんどん長くなり

今では片手で捕まって手を振り笑顔をふりまく余裕すらできました笑

 

立つまではとても早かったのですが

立った後にどうすればいいのか分からず

自分で座ることもできず泣くという時期が続き

初めは泣いたら親が座らせてあげるを繰り返していましたが

今では自分で膝を曲げ、高さを調整しながら

軽い尻餅程度に座れるようになりました。

 

 

姉の方は3月上旬はまったく立つ気配はなく

立っている妹にも特に興味を示すことなく

マイペースに座って遊んでいましたが

気づけば妹と同じ高さで立つようになり

今では場所の取り合いをしてよくどちらか片方が

はじきだされ泣いています笑

 

表情もとても豊かになりました。

今まではなぜ泣いているのかなぜ笑っているのかわからない事が多かったのですが笑

悲しくて泣く、痛くて泣く、楽しくて笑う、嬉しくて笑うなどのリアクションがでてきて

少しずつですが親子でコミュニケーションが取れ始めとても楽しいです。

 

今更ですが、最近やっと自信をもって双子の見分けがつくようになりました笑

一年育休ブログ!(男性社員!!)【2020/2(6カ月目)/Eアンブレラジャパン】

2月に入って早々に子供たちはお座りができるようになりました。

気づけばハイハイでどこにでも行けるようになりました!

目に入るもの全てに興味深々で、手にしたものは全て口にいれます笑

特に人が触っているものを自分も触りたくなり、テレビのリモコンは特に大好きです。

おもちゃも同じものを二人に与えても、片方が触っているものに興味があるので

自分で触っているものを手放し、人の触っているおもちゃを略奪します笑

 

デパートなどのカートにも乗せられるようになったので乗せますが

カートも舐め回してしまうので

世界的にコロナウイルスがこれだけ流行しているので親としても目が離せないです。。。

お陰様で外出もできず家の中での生活時間が増えて正直しんどいです。

 

 

そんな中、2月の前半は私が体調を崩し

後半は妻が体調を崩し、

短い時間ではありますが一人で双子の娘達をみることがあり、とても大変でした。

やはり一人で二人の子供同時に見るとなると

子供に付きっきりになってしまい、時間もあっという間に過ぎてしまうので

気づけば家事を何一つ手をつけられていない状況なのに夕方になっているという絶望が待っています。。。

 

改めて育休をいただいて夫婦二人で双子を見ることができていたありがたみを実感しました。

子供の体調ばかり気にして肝心の親が自分の体調を管理できていなかったのだと痛感しました。

 

夜は遂に夜泣きがはじまり交互に起きる娘達と地獄の日々を過ごしています笑

仕事をしながらこの環境を想像するとゾッとします。

 

以上、2月の報告でした!

Eアンブレラジャパンってこんな会社!28日働いて感じたことや入社の経緯について

はじめまして。Eアンブレラジャパンに入社して28日目の男性社員です!

会社の皆さんからはドラゴンと呼ばれています(笑)

 

入社して1ヶ月ちょっと経過したので、自己紹介・入社の経緯・働いてみた感想の3つについて、お話ししていきたいと思います。

 

私は青森県出身の23歳。非常勤事務員として公務員を経験した後に、地方のWEBベンチャー企業に2年半ほど勤務していました!そして、次のステップに進みたい思いや金沢に住みたいという想いを叶えるために東京本社のイケイケベンチャーに転職。そこで地方拠点立ち上げ部隊として石川県金沢市にやってきました。

 

「あれ?Eアンブレラジャパンと関係ないじゃん?」

この話にはまだまだ続きがあるんです!

 

イケイケベンチャーに転職して、念願の金沢市に来たのはいいものの、半年で地方拠点が撤退に…。自分の中で金沢に住みたいという想いが強かったこともあり、再度転職することにしました。

 

そこで出会ったのが、株式会社Eアンブレラジャパン。

 

求人に出会ったきっかけは、インディードで『金沢市 ライター』と検索して出てきたことです。もともとWEBライター・WEBマーケの分野で求人を探していたのですが、石川県ではそもそもWEB分野の求人が少ない…。そんな背景もあって、Eアンブレラジャパンのライター求人がひときわ目立っていたのを覚えています。

 

ただ、求人内容がアルバイトでの募集だったので、正社員希望だった私は、入社まで考えておらず、「とりあえず受けてみようかな」ぐらいの軽い気持ちで応募しました。

 

そんなこんなで、面接の日程が決まり、横川という金沢市野々市市の境界線ギリギリの場所へ…!

ビルに入って、株式会社Eアンブレラジャパンの扉を緊張しながら「コンコン」と二回ノックし、中に入っていきました。

 

すると、奥の方からなんだか爽やかで元気で愉快な方が…。

話を聞いてみると、なんと社長でした!

 

いきなり社長と面接するなんて想定していなかったので、内心ビビりながらも面接スタート。これが株式会社Eアンブレラジャパンとの、田中社長との初めての出会いです。

 

実際に面接が始まると、社長の人柄が非常に温かく、気さくな方だというのもあって面接の緊張は一瞬で緩みました。

 

私のこれまでの経験をしっかりと聞いてくれたり、社長の会社・事業への熱い思いを教えてくれたり、何よりも社長の誠実さがよく感じられる素敵な面接でした。途中から社員さんも混ざりながら面接していたのも、非常に印象に残っています。

 

会社の雰囲気や人間関係がどうなのかなども伝わり、面接が終わって帰るころには、一番入社する気がなかった会社なはずなのに、一番入社したい会社へと変わっていたんです。

 

ただ、何社か検討していたこともあって、この日はすぐに決断できずに、再度面接の日程を抑えていただきました。そして次の面接で、契約社員として株式会社Eアンブレラジャパンに迎えていただくこととなりました!

 

 

そして始まった仕事。

面接の時から何となく分かっていたのですが、社員さんたちの冗談がすごい(笑)

こんなに冗談が飛び交っている職場は初めてだったので、どうしようとあたふたしてしまいました。ただ、笑いが絶えない、素敵な職場だということは、自信を持って話せます!

 

そんな職場で28日が経過しました。

株式会社Eアンブレラジャパンを一言で表すなら、『自分の人生に潤いを与えてくれる会社』です。これは自由とか、楽しいとか単純にそんなことを言いたい訳ではありません。

学び・チャレンジ精神・自身、私は会社からこの3つの潤いを常に、毎日頂いています。

 

またEアンブレラジャパンでは

・失敗は1点、やらないことはマイナス2点

・一人一人の年齢・性別・経験・スキル・体調、それぞれ違うがその中でベストを尽くす

 

など、会社で掲げているモットーがあります。

 

この会社の方針のおかげで、私の失っていた自信が毎日少しずつ回復してきました。

 

まだ働いて1ヶ月と少しですが、Eアンブレラジャパンに採用していただいたこと、ここで働けていることに本当に感謝しています!

 

まだまだ分からないことだらけですが、Eアンブレラジャパンの皆さんとこれからの自分の仕事人生を豊かにしていけたらなと、心から思っています。

これからよろしくお願いします!

【2020/1】EUJ男性従業員 育休報告ブログ 5ヶ月目

育休をいただいてから約5ヶ月が経ち

昨年6月に産まれた双子と目まぐるしい日々を過ごしています。

 

妻と家族4人と毎日一緒に過ごせる環境で

子ども達の成長を感じながら

まだまだですが自分自身も父としてとても成長しているなーと感じます。

 

育休を通してまず1番に子ども達の成長を

自分の目で肌で感じれることが

ほんとうに幸せです。

毎日、毎秒起きる子供の変化を妻と共有できることもすごく大切な時間だと思います。

 

最近でいえば離乳食がはじまり、気づけば歯が生え始め、完璧ではないですがお座りができるようになりました!ハイハイはもう少しで出来る様になるのかな?

 

目に映るもの全てに興味津々で親としても目が離せなくなってきました笑

 

 

 

育休がはじまった最初のころは

子ども達のことで毎日頭がいっぱいでしたが

育児に少しづつ慣れてきて

ふと、考えてみると妻とも結婚してから

四六時中一緒にいるということも初めてだと気づきました笑

四六時中一緒にいるということもあり

やはり喧嘩をすることもありますが

喧嘩も含めてコミュニケーションをとることが増えて家族としての結束力もより一層強くなった気がします。

育休は子ども達のためではありますが

僕の場合は夫婦としても成長できる期間なんだとも思います。

 

そして自分としては考えもしていませんでしたが

仕事面でも成長することができました。

仕事から少し離れたことによって

今まで以上に自分を客観的に見れる時間があり

周りからのアドバイスもあり反省や、改善点の見直しができました。

 

今月は 

以上です!

 

Eアンブレラジャパンで働いて変わったこと

高卒後、3社を正社員で経験してきた後に

派遣社員として中途採用していただき、現在2か月弱勤務しています。

 

変わったこと

変わりつつあること

変わりたいこと

 

があります。個人的には革命レベルですごいこと。

人によっては当たり前かもしれませんが…

 

 

今まで、褒められるのが苦手でした。

出来て当たり前と接されることに慣れすぎていて

自己肯定感がとてつもなく低かったのだと思います。

褒められたとしても反射で謙遜してしまい、素直に受け止められずにいました。

 

同じような方、きっと結構いますよね?

 

ここでは、うまくいったいかなかったは別として

チャレンジした時点でその姿勢を評価してもらえたり、

仕事じゃなくてもプライベートでチャレンジしようとしていることの背中を押してくれたり…

 

カルチャーショックでした、日本に、まして金沢にこんな環境があるとは

 

 

という経緯があって

変わったことは、何事にも前向きに取り組めるようになったこと。

 

そして正直、褒められて反射で謙遜してしまう癖はまだ抜けていないので

変わりつつあること、変わりたいことがこれです。

 

以前と比べれば「すみません」と言うより「ありがとう」と口にすることが多いように感じます。

言葉のプラスマイナスは自分にも必ず影響が出ると思うので

この環境をうまく使って、自分改革、していきたいです。